ホーム > 和紙製品 > 和紙工芸品 > 芭蕉紙のエンボス拓「宗達 鹿」

商品3/12
戻る 商品リストに戻る 次へ

芭蕉紙のエンボス拓「宗達 鹿」

  • 16,200円
  • モデル:
  •  
  • 1在庫
  •  

カートに入れる:

芭蕉紙のエンボス拓「宗達 鹿」

販売価格:15,750円 本体価格:15,000円

スタイル:パネル360mm×257mm(B4サイズ)

タイプ:A4サイズ 

仕様和紙:芭蕉紙

作者:鎌田敏輝

俵屋宗達の「鹿」を版木に彫り芭蕉紙に刷り上げたものです。

画像ではわかりにくいですが、文様部分を少し盛り上げています。

これをエンボス拓、立体拓と呼んでいます。

 

芭蕉紙の風合いが他の和紙とは違った独特な雰囲気を醸し出して

います。

薄茶色の和紙と墨の色がうまく調和しています。

静かな雰囲気の中にたたずむ鹿に哀愁を感じる穏やかな作品です。

 

鎌田氏より芭蕉紙をお使いになっての感想を下記の様に頂きました。

「沖縄独特な和紙、芭蕉紙について参考になればと思います。

「芭蕉紙と、他の和紙との違いということについてですが、私は、料紙を加工する

場合には、雁皮、三椏系の和紙を使用します。

芭蕉紙は、それらとは根本的に異なる紙です。

紙料、沖縄という風土、水は、本土とは性質を大いに異にします。

私は、紙を選択する場合に、自分の表現に最適な紙を追求します。

そして、最終的に採用した紙は、掛けがえの無いものとなります。

つまり、他の紙では代用できないものとなります。

先程紹介したエンボス拓には、今までに、いろんな紙をテストしてきましたが、

芭蕉紙ほど魅力的な紙はありません。

それは、自分が表現したい民藝の芸術性、使用している墨、伸縮率、そういう

要素に極めて適応性が高いものがあります。

芭蕉紙単独で使用する場合においても、継ぎ紙と連作にする場合でも、

その持っている特性が他の邪魔をすることがありません。

これは、加工した色ではない、芭蕉紙独特の地色によるところだと思います。

それが、余白を十分カバーします。

以上が、私が芭蕉紙に持っている大体の感想です 。」

鎌田氏のホームページは下記よりどうぞ。

URL「料紙で彩る宮沢賢治とイーハトーヴ」

   http://homepage3.nifty.com/~ryoshi/

 

現在のレビュー: 0
レビュー
友人に知らせる

お問合せについて

商品・その他のお問合せは下記までお願いします。

TEL : 090-5084-6775
FAX : 098-885-0256
FAXシート
Mail : info@kraft-kg.com
地図 クラフト館の場所
場所等のお問合わせ
090-5084-6775
*ご来店のお客様へ
月・金・日曜日は終日、水曜日は午前中が対応可能です。大変お手数ですが事前にご来店のお時間などお知らせ頂けましたら幸いです。達磨寺を目印にお越し下さい。駐車も可能です。

オンラインフォーム >>

Copyright © 2006-2017 ペーパークラフト・月桃紙・紅型和紙・芭蕉紙・インテリアのクラフト館 All Rights Reserved.
このホームページに記載されている文章・写真・図や表を了承なく複製、使用することを禁じます。